« January 2011 | Main | February 2012 »

2011.11.23

神戸マラソン(11/23)

11/20は、第1回目の神戸マラソンに行ってきました。
大阪フルから20日くらいでのフルマラソンで、まだ膝や足首が痛いまま。
まぁ、いつも通り不安なままでした。

目標は7時間制限内の完走ですが、大阪よりも速くできれば6時間内を目指したいところ。

あと、地元神戸だし、軽い仮装を事前に準備。
走りにくくなる仮装では、完走が怪しくなるので、黄色い服にフェルトを数個アイロンプリントしただけにしました。
あとTシャツだけでは、はばタンとわからないかもと思って帽子の上に小さいはばタンぬいぐるみを乗せておきました。

もちろん同じことを考える人はいまして、帽子の上のはばタンは2、3人いたようです。
Tシャツは三宮で売ってるのをそのままきている人も見かけました。
(私の場合オリジナルは綿なので、ランシャツ裏表に移植しただけなんですけどね。)

事前受付は金曜の会社帰りに、ポーアイへ。
大阪マラソンに比べると、出展も少なく、おとなしめのエキスポでした。

当日は、集合が三宮駅周辺なので、7時15分くらいに家を出ました。
携帯は持って走る用にスマホではなく、昔のを持っていきました。
おかげで、iモードメールが全く受信出来なくておどろきましたが。

着いてからやっぷさんやおっちゃんさんに会えました。

荷物を預けてからトイレへ。
これがめちゃくちゃ長い。
スタートに間に合わないかと思いました。

スタートブロックは、いつもながら悪いなと思いながらAブロックに。

スタートから、キロ6分くらいで走ります。
サンテレビのアナウンサーとも最初は一緒にはしりました。

10kmまでは序盤飛ばしすぎだった大阪マラソンよりもさらに速いペース。

神戸市街地はすごい応援の人垣で、
はばタンがんばれー
と、黄色い声をたくさんいただきました。
こんなにたくさんの応援をもらうのは、初めてかも。

ぷちはばタン仮装してて良かったです。

キロ7分くらいまで少しづつペースをおとしながら、明石大橋へむかいます。
途中鉄人28号があったそうですが、全く気付かず。

途中の狭い道を抜けて、折り返しの17km付近もすごい応援でした。

飛ばしすぎのペースですが、それなりに気持ちよくはしってましたが、途中、とある子供が、
あのはばタン疲れとる
などと、指摘してくれたり、とある女性から
はばタン足痛そう
などと、言われてたくらいなので、見た目にはしんどそうだったようです。

だいたいは、はばタン~と呼ばれたのですが、たまにひよこ~と呼ばれることがありました。
苦笑いしていると、隣を走っていたカップルが、ひよこじゃないよはばタンだよ。と、つっこんでくれてましたが。

ペースがキロ9分になってきた20km地点くらいで、後ろからヤップさんにぬかれました。
好調のようです。
2時間20分くらいだったので、ちょうどキロ7分のアベレージでした。

この時はまだ6時間切りは余裕だと思ってましたね。

そういえば、はばタンの黄色いカッパみたいなものを着ている本格的な仮装女性二人組にも声をかけられました。
自作ですか?と聞かれたりしました。

ハーフ地点くらいで、休憩もしたくて、それほど尿意も無いのにトイレへ。
これが大失敗。

トイレの列は40人くらい。
ずーっとまちましたが、20分くらいロスしたかも。
がまんしてやめておけばよかった・・・

すこしして、お腹がすいてきました。
そろそろ次の給水所から給食が出るかなと楽しみにきたら・・・

なんと、給食どころか、水すらも全く無かったです。
手持ちの飴をなめながら空腹をまぎわらしますが、水がとれないのはまずい。

この付近では暑くなってきたので、さらにピンチ。
5時間オーバーのランナーには死活問題です。

いちおうランナーとしてはベテランのわたしは、あわてずに、自動販売機に並びます。
ランナーの列ができていました。
自分の番になって、持っていた千円札を入れようとして気づきました。

100円の釣り銭切れランプがついてる!!

ひぇ~買えないじゃん。
すごすごとあきらめました(笑)
これだけでも5分くらい軽くロス。

次の給水所も水が無く、周りのランナーは不満たらたら。

水も何もない給水所を少しいったところに、コンビニを発見。
持ってて良かった、千円札。

これまたランナーの長い列をまって、スポーツドリンクとおにぎり2個を買って、コンビニの前に座っての昼食タイム。
まぁ、これだけで20分以上のんびりしてたわけですが・・・

一息ついてから、ようやく走りはじめます。
ウェストポーチは、ボトルが入れれるものをつけていたので、これで水問題はとりあえず解決。
ちょっと重いけど、ペットボトルを持って走ります。

30km地点を過ぎてもペースはキロ9分程度でしのぎます。
いつもなら10分以上に落ちてもいい頃。

沿道の応援のはばタンがんばれ~が、どれだけ助かることやら。
逆に、歩くわけにはいかないのがつらいところ(笑)
子供が必死にはばタンだ~とは言ってくれてるのに、つらそうな表情はみせるわけにいきません。
なるべく笑顔につとめました。

そして、ポーアイへの大橋の登りになります。

ここは、応援の人が入れないので、ようやく歩けると思って、登りは少し歩きました。
でも、ボランティアのお姉さんが一定間隔でずーっと応援してくれます。

しかも美人揃い!!
そんな人たちにはばタンがんばれと応援してもらえるのは幸せでした(笑)

大阪マラソンでは歩きまくりでしたが、実はこの神戸マラソンでは登りとか給水所で少し歩いたくらいで、あとは基本的には走りました。

電話をかけてみると、橋を降りたところに嫁さんと子供が応援にきてるということだったのもあって、周りが歩いている中、まじめに走りました。

タイム的にはグロスでの6時間切りは無理。
せめて大阪マラソンのタイムよりもはやくゴールしたいところ。
欲をいえば、ネットタイムで6時間を切れないかなと。

橋の上は結局3kmくらいあったのかな。
予想外に長かったです。

降りたところで、凪ちゃんとあおいちゃんに遭遇。
すこしのんびり(おぃ)

そこから、遠回りをしてゴールを目指します。

この残り3kmは、結構な、まじ走り。
それまでキロ9分だったのを6分台に戻します。

さすがに周りとはペースが違うので、抜き放題。
あぁ、気持ちいいかも。

ラスト1kmで、さらにペースアップ。
キロ5分にまであげます。
このラストのコースは、どこがゴールかわかりずらいので、ラストスパートが難しいです。
そろそろかなといったところで、ラストスパート。
ちょっとはやすぎて、失速しかけながらもゴール。

タイムは、グロスで6時間6分くらい。
ほとんど歩いていないのに、6時間オーバーなのは、ある意味すごいと思う。

今回は、ぷちはばタン仮装がとても楽しくて、こんなに名指し応援を受けたのはもちろん初めてです。
あと、神戸って美人の人が多いな~と(笑)

翌日の筋肉痛は、大阪の時に比べると少なめでした。
そのかわり急に寒くなったので風邪気味です。
来年も走れるといいな。

2011koube1


| | Comments (21)

大阪マラソン(11/1)

10月30日は、第1回大阪マラソン(フルマラソン)に参加してきました。

とりあえず、第1回大会と聞くと、参加したくなるじゃないですか。
東京マラソンも奈良マラソンも、おまけで水都大阪ウルトラも第1回大会に参加することができました。
今回も、抽選で、当選の確率は低かったはずなのですが、第1回には強いな、私(笑)

1年ほど前の奈良マラソンでは、6時間制限のところ、5時間55分くらいでのゴール。
この時は、まさかこれ以上のワースト記録は生まれないだろうと思ってました。

さて、今年もずーっとほとんど走らずに過ごしてきました(おぃ)
体重も上限でさちってます。

さすがにこのままではフルマラソンは無理と思って、直前の日曜とかは少し走ってみたのですが、全然走れないことに気付かされました。
毎回やばいと思いつつ、フルにいどんでるわけですが、今年はいつもよりも走れないのは感じてました。

初めての途中リタイアか?
7時間もあるのに、リタイアは恥ずかしい・・・

そんなに心配なら、練習するなり、ダイエットするなりすればいいのですが、何も手をうたないのがわたしだったりします。

金曜の会社帰りに、インテックス大阪へ行って、事前受付完了。
ぎりぎりに近かったので、人も少なくすんなり入れました。
ここで、大会のTシャツと帽子を購入。
当日はこれで走ることにします。

そして、日曜日。
家を6時半に出発。
後半のペースダウン時に水分補給が足りないと地獄なので、空のボトルをウェストポーチにはさんでおきます。
それ以外には、飴などの補給と、絆創膏、ティッシュです。

あと、携帯電話を持って走ることにしました。
家族が後からくるということなので、応援地点の確認のためです。
自分の携帯はスマホにしてるので、昔買った、小さい携帯に、現地でsimカードを入れ替えて、そちらを持って走ることに。

大阪城公園駅に着くと、ランナーの山。
改札を出るまでが一苦労。

改札を出たところで、Nagaさんに会えました。
3万人の大会ではなかなか知り合いに会えないと思ってましたが、スタート前にあえて良かったです。

荷物を預けるところは遠いし、そこからスタート地点がまた遠いこと・・・

気温は、ちょうどいいくらいで、準備してたビニールもかぶる必要が無かったです。
(後で気づいたのですが、事前準備してたビニール袋は、家に置き忘れてました)

まぁ、ベストタイムを狙うには暑すぎですが、6時間ペースでは寒いときついもので。

スタートはCブロック。
ちょっと前すぎです(汗)

スタートしてから、5分くらいでスタート地点を通過。
檀上には、橋下知事や平松市長がいました。
森脇さんもみたような気がします。

基本的には周りのペースよりも遅いのですが、それでも最初はキロ6分ペースで行きます。
実力から考えるとかなりの飛ばしすぎですが、気持ちよく走ってました。

TVの人も多くて、どこかのアナウンサーや、女子アナ(かわいかったです)とか、芸人のわだちゃんとか、いろんな人を抜いて行きました。

10㎞地点までは順調で、10㎞で1時間ちょい。
ちょうどキロ6分ペースくらいでした。

着ていたTシャツの後には、スタートから42kmまでの途中経過の気持ちをいろいろと書いているもので、自分では読めないのですが、途中で女性の二人組が、わたしの背中の文字をずーっと声を出して読んでて、面白かったです。

10㎞を過ぎたくらいからすこしづつペースダウン。
キロ7分くらいに落ちてきます。
でも、奈良フルの時よりもここまでは順調でした。

後姿のかわいいおねえちゃんをペースメーカーにしようと探してて、目についた人についていこうとしました。
ふと、背中をみると、川上直子さんでした。(元なでしこ)
あっさりと、ついていけなくなったので、お顔は拝見できませんでした・・・

あと、元ラクビーの大八木さんとしばらく一緒に走ったりしました。

16㎞くらいで、事前電話をして、嫁さんと子供の応援に遭遇。
立ち止まって、おーいとかやってると、あおいちゃんに
「はよいけ~」
と、言われてしまいました(笑)

18㎞くらいで、足も痛くなってきたので、トイレ休憩。
たぶん、一番トイレの数が多いところで、ロスタイムも少なかったとは思うのですが、それでも10分くらいはかかってしまいました。

大会としては、仮装禁止なのですが、いろいろと楽しい仮装の人が多くて、それも楽しかったです。
後できくと、応援にきてた子供たちもいろんな仮装の人たちがみれて楽しかったそうです。

20㎞では、すでに大幅ペースダウンで、2時間半くらいかかってました。

この付近から、足がしびれてきてて、これは誰の足?
とか思う始末。

25㎞くらいで、ほぼ走れない状態に。
はやすぎだよ。

沿道の応援は、すごいのですが、この付近は西成。
なんか雰囲気が違うような・・・

恥ずかしながら、30㎞よりも前で、思わず歩いてしまいました。

いつもは、ペースは歩きのペースでも、基本走ってたのですが、全然走れない状況に。
こんなに積極的に歩くのは、初めてかも。

最初は、5時間行けるかと思ってたのですが、この付近では一気に、6時間がムリということがわかってきました。
はやくも自己ワースト確定です。
おかしいな・・いつの間にこんなことに??

たぶん、走ってるとしんどいだろうなと思われる橋の坂道をのぼってくだります。
この付近はもう歩いている人が多かったです。
でも、わたしはそんな人たちよりも歩くペースは遅い状態。

さすがに関門にかかるほどではないので、歩いてでも前にすすめばなんとかゴールできると思って、こつこつ歩きます。

残り4㎞地点で、嫁さんに電話。
嫁さんは、もうゴール付近だと思って、残り1㎞地点にすでにきてたようです。

ちょっとだけ、歩きからジョグにペースアップ。

途中で、大八木さんを抜きます。
どれだけ長いスパンで抜きつ抜かれつをやってることやら。

水分はとりまくりなのですが、汗も出まくりでした。

この付近で少しづつ小雨が降ってきました。
ランナーにはちょうどいいくらいの雨。
応援の人には寒いかも。

結局、嫁さんと子供は1時間以上そこで待ってたみたいで、ようやくわたしが到着した時は、凪ちゃんが寒い~と言ってました。
いや、そこはとうちゃんがんばれじゃないのか?

誰も並んでないトイレがあったので、ゴール前だったのに、とりあえず休憩。
ゴールのトイレが並んでるような気がしたもので。

最後は、ラストスパートを考えましたが、どこがゴールなのかわかりにくい構造。

ゴールが見えたところで、フルスパート。
6時間超えてるランナーとしては、非常に大人げない。
最後、それだけ走れるなら、途中歩くなよ。
自分で思います。

ネットタイムで、6時間9分57秒。

6時間を超えてしまって、奈良マラソンの時よりも遅いことに、ショックでしたが、無事ゴールできたので、よしとします。
あまいな~自分。

ゴール後は、インテックス大阪内をぐるぐると連れまわされます。
大阪の水道水のペットボトルとか、もらって、重い荷物を持って歩き回ります。

3階まで登って、そのまんま行列をまって、下に降りて、ようやく外へ出られました。

更衣室が不要な人はそのまんま外へ出して欲しかったな。

嫁さん達は、コスモタワーにいるということなので、足をひきづりながらそこへ行きました。
結局買い物などで、WTCとかいろいろと歩いてから、なんとか帰りました。

帰ってからは、ひざと足首が痛くて、とにかくアイシング。
買い換えたニューシューズが良かったのか、いつものまめは少なかったです。
気付いてなかったけど、両足小指にまめができてましたが。

次は、神戸マラソンです。
最近走るたびに自己ワーストを更新してますが、次こそは6時間きりたいな。

とりあえずは、はやく筋肉痛が治って欲しいものです。

| | Comments (7)

大阪城夕涼みRUN (7/17)

今年も、修行に行ってきました。
大阪城夕涼みRUN

いつもは3時間耐久なのですが、今年から2時間半と30分短くなりました。

この日の大阪の最高気温は35度

いや、走ったらあかん気温ですよ。

受付時間を大幅に過ぎてから、現地到着。
おっちゃんさんが先にきていました。

なんとか、受付もしてもらって、すぐにスタート位置に。

日頃の買い食いの成果で、体重はとんでもないことに。
もちろん、直近では全く走ってません。

普通に考えると、10kmが限界くらいの予感。

一応、目標は10周(19kmくらい)

制限時間内に10周を走って、11周目が走れるかどうか。

スタート直後。
めちゃめちゃ暑いです。
日もまだまだ高いです。

500mくらいで、こりゃだめだと少し後悔(速っ)
やはり痩せないと走れませんぜ。

一周目のラップは12分ちょい
二周目は13分くらい
三周目は14分くらい。
そして、四周目が15分。

2時間半で10周を走ろうと思うと、平均で15分ラップ以内が必要となります。
最初の3周で貯金を5分弱作りましたが、早くも4周目からは貯金切り崩し状況に。

スタートして一時間たっても、西日はまだありました。
はやく太陽沈んでくれ~

給水は、必須。
固まって、給水所があるのですが、そこでは毎周必ず3杯は水とスポーツドリンクを飲んでました。
それでも、全くトイレに行くことが無かったくらいなので、よっぽど汗かいてたみたいです。

太陽が沈んでから、しばらくして少し体感温度が下がって走りやすくなりました。
まぁ、その頃には足にきてるので、走れないわけですが。

給水のところと、天守閣方向へ行く登りのところは基本歩きました。

でもそれ以外は、こつこつと走ります。

ペースは15分~16分をなんとかキープ。

そして、目標の10周目を走り終わったのが、2時間半の制限の1分前。
いつものように、ぎりぎりです。

11周目は、ラストなので、気持ちよく走ります。
走ってる人はほとんどいない状況で、最後なので応援も結構してもらえます。

ラストスパートは、前に人がいなかったので、はやあし程度で終了。

毎回、長い時間走った人の、ベスト10には入っています(笑)

おっちゃんさんと梅田までは一緒に電車で帰りましたが、ふらふらでした。

疲れたけど、強制的じゃないと走れないわたしなので、いい練習になりました。
でも、神戸、大阪フルを完走するには、体重をどうにかしないといけないんですけどね。

| | Comments (0)

小豆島のオリーブマラソン(5/24)

5/22は、2年ぶりに小豆島のオリーブマラソンに行ってきました。

目的の半分くらいは、嫁さんの実家への帰省。

前日の土曜に、姫路港まで電車+タクシーで行って、フェリーで福田港に渡ります。
そこで、迎えにきてくれたお義父さんの車で、嫁さんの実家へ来ました。

予報では、日曜は雨。
走る気力は、かなり低かったです。

以前はハーフを走ってたのですが、最近のオリーブでは10kmがメイン。
このコースのハーフは景色はいいのですが、しんどいです。
まぁ、10kmでも坂道が多くてしんどいんですけどね。

楽しみ(?)は、関西からの若いおねえちゃんランナー。
観光がてら、結構多いです。

よく考えてみると、雨の中のレース。
おねえちゃんのすけすけの後ろ姿を妄想。

いいかもしれない。

ちょっと低かったテンションもあがってきました(笑)

当日の朝、曇り空の中、会場の坂手港まで車で送ってもらいました。

来てるはずのNagaさんに電話をかけると、急用で参加できてないとのこと。
他に知り合いも見つからないので、開会式に参加してると、急に雨が降ってきました。

やばいと思って、屋根があるところに避難。
どんどん大雨に。

そんな中、ハーフが最初にスタート。
次に5kmがスタート。

そして、10kmの集合時間に。
まだ雨は降り続いています。

びしょ濡れ覚悟で、スタート位置に並びます。
小豆島へはマラソンシューズでしか来ていないので、びしょ濡れだと帰るくつがありません(笑)

スタート直後くらいで、少しづつ雨があがってきました。

全くのウォーミングアップ無しでのスタートなのに、いきなり坂道なので死ぬかと思いました(笑)
最初の1kmは6分半。
遅っ。

そこからは、なんとかキロ6分くらいでぼちぼち走ります。

嫁さんの実家はだいたい4km地点くらい。

娘が見えてくると、ちょっとだけスピードアップ。
そこから、折り返しに行って、6km地点でまた家族と会うまでは5分半くらいにペースアップ。

家族の前を元気に走ったところで、息切れ(笑)

7km地点くらいでは、ふとももがはってて、うまく走れずスピードダウン。
この足のきかたは、めずらしいかも。

このペースだと1時間が切れるかどうか・・・

残り1kmで、最後の坂道。
少しは元気が戻ってきた感じ。

ハーフのトップに、ここで抜かれました。

一瞬ついていこうかと思ったけど、全然無理(笑)

ここで、最後のラストだけ、ハーフの上位陣と競争するのも面白いかなと思いはじめる。
まぁ、普通で考えると、勝負にならないんですけどね。

残り500mをきってから、いつスパートしようかなと思っていると、後ろから元気な若者の抜かれました。

思わずスイッチが入って、追いかけます。
急速なギアチェンジで、いきなりな全速力。

あっという間に抜き去ると、その人はかなり驚いていました。

そりゃ・・この時間帯(遅いということ)に、そのスパートで抜かれるとはあまり思わないかも。

そのままゴール。
なんとか1時間はきって、58分半くらい。
まぁ、ラストだけがんばったレースでした。

その後、そうめんを食べて、参加賞であるお弁当を食べてから、歩いて帰ります。

まだハーフの制限時間がきていないので、コース上は封鎖されていて、車で迎えにきてはもらえません。

4kmを歩くつもりで、とぼとぼ進んでて、3km地点くらいで醤油ソフトクリームを買って、店で食べているといきなり大雨に。
嫁さんに電話すると、ちょうど義父さんが車で迎えにきてくれて、帰ることができました。

結局、走っている間は、ほとんど雨に降られることもなくラッキーでした。

記録はさておき、とりあえず完走できて良かったです。

| | Comments (3)

六甲アイランド駅伝(5/16)

5月15日は、六甲アイランドであった、駅伝に参加してきました。

一人5kmちょいのコースを4人でたすきリレーです。

普段なら、駅伝は走れないと迷惑がかかるので、事前に少しは走るのですが、今回はわたしが行かなくても4人そろいそうな感じだったので、数日前までは走る気無かったくらいです。
そのため、直近一週間は全く練習してなかったのですが、一週間前に椎名さんコンサートのため体力つくりしたのが頼みの綱(笑)

六甲アイランドのマリンパーク駅を降りたところが、集合場所でした。
走る順番も決めないままの、駅伝ですが、ゼッケンに順番が書いてあるので、ゼッケンをつける前に、みなでじゃんけんをして、順番を決定。
第一走者は、自ら手をあげたはるぽんさん。
第二走者は、じゃんけんで勝ったヤップさん。
そして、二回目のじゃんけんで勝ったわたしは、第三走者に。
負けたおっちゃんさんは、アンカーに決定。

2年ほど前はたまに走りにきていた六甲アイランドのコースですが、最近は全く来ていません。
土のところあり、砂利道ありで、コースとしては苦手なところです。

第一走者のはるぽんさんスタート。
スタートダッシュで、トップでいきます。
どうやら、第一曲がり角まではトップで行けたそうです。

26チームが参加で、はるぽんさんは10位以内くらいには帰ってきました。

走り終わってから、力尽きて芝生の上でダウン。
いやはやよくここまで力を出しきって走れるものだと感心します。

第二走者は、ヤップさん。
暑いにもかかわらず途中給水がないので、ボトル片手に走ってました。

スタートから1時間弱で、第三走者のわたしのスタートに。

前方には全く人影無し。
後方はちょっと後ろに見えてたので、なるべく抜かれないようにがんばります。

ペース的にはキロ5分のイーブン。
気持ちよく走れますが、周りに誰もいないので、ひとりジョギング状態。

途中、ベンチに座っていたおばさんに、話しかけられて、海側スタートの駅伝ですと説明したくらいです。(余裕か?)

約半分地点のところに、スタッフがいてて、迷いそうな道を指示。
まだ半分かいなとちょっとげんなりです。

後半も順調に走っていると、前方に人を見つけます。
最初の集合時に、この中でわたしが一番遅いと思ってたのですが、そうでもなかった模様。
あっさりと抜いてしまって、さらにもう一人抜きます。

ただし、この二人目の抜いた人は、レースとは無関係だった可能性もありますが。
ちゃんとゼッケンつけてたのか、確認できませんでした。

ようやく海が見えてきたところで、またひとり前方に発見。
ゴールまでに抜けるかなどうかなと思っていたら、思わずあっさりと抜いてしまいました。

いまいちゴールというか、バトンタッチの場所がわかりにくくて、スパートが難しいです。

ようやくゴールが見えた付近で、さっき抜いた人がスパートをかけて追いかけてきます。
ちょっとロングスパートになるので、追いついてくるまでまとうかと思ったけど、思わずこちらもラストスパート。

余力があって、負ける気は無かったのですが、予想以上にスパートの時間が長くて、おっちゃんさんへのたすきを渡す直前で息切れ。
手招きで、もうちょっとこっちに迎えにきてよといいながら、なんとかたすきをつなぎます。

タイムは、25分台と今の自分には好タイムなほうでした。

足がもつれるように、芝生の上でダウン。
まさか、はるぽんさんと同じように、自分がゴール後に倒れるくらいくらいまで走るとは思ってなくて、自分でびっくりです。

その後、おっちゃんさんはエースの貫禄でゴール。
結果、半分以内の13位でした。
(スタート前の予想は20位)

最終走者まで迎えてから、駅下で、無料の懇親会。
お土産までもらいました。
ひとり千円の大会なのに、ここまでしてもらうと、赤字なのではないかと心配してしまうほどです。

ローカルな大会ですが、とてもいい大会で、大満足でした。
飲んではいけないはずのお酒を結構飲んでしまって、夕方からは二日酔い状態でしたが(笑)

走るなら、もっと体重落とさないと、きついなと毎回思い知らされるのですが、どうなることやらです。

走った皆さん、お疲れ様でした~

| | Comments (5)

芦屋マラソン(4/12)

3月は、テレビ高知マラソンを走る予定が、地震のため中止に。

結局、2月のラブラン駅伝以降、ほとんど走ることのないまま、芦屋をむかえてしまいました。

ハーフは最初から諦めているので、芦屋は最近は10kmで参加です。

去年は、ファミリー3kmにエントリーしてた凪ちゃんですが、少し離れたところにあるスタート地点に行く途中で、しんどいといってリタイアでした。

一応、リベンジだということにしてましたが、今年はファミリーの申し込みを忘れてました(笑)

ファミリーがないので、のんびり家を出ます。
家族で自転車で行きますが、近いようでなかなか遠い。

現地につくと、ヤップさんとタコチューさんに合流。

すぐに、スタート地点へ向かいます。

今回の目標は、歩かずに完走。
1時間以内すらも無理だと思ってたくらいです。

スタートは、ある程度前のほうでしたが、最初は混んでてゆっくり。
でも、わたしにとっては、この超スローペースでもしんどい(笑)

ばらけてきて、キロ6分ペースになってきます。

少し前にヤップさんがいてて、姿を見失わないレベルでついていくのがやっとでした。

坂道の上りで離されてヤップさんが見えなくなり、給水所でのんびりしていることろを発見するという繰り返しでした。

5km地点で、30分11秒。
スタートの混雑を考えると、ちょうど1時間ペースくらいでした。

神戸シティマラソンの時は走ってる感じがあったのですが、今回はまわりに流されているだけの感じ。
走れない状態にもほどがあるかも。

ラスト3kmくらいで、ようやく呼吸がととのってきました。
長いウォーミングアップだな(笑)
足は、靴擦れもあって、脚力残り少ない感じ。

少しだけペースアップして、残り2km弱でヤップさんに追いつきました。

しんどいので、ラスト200mくらいまでステルスして追い抜くのでもよかったのですが、それはさすがに悪いかなと。

残り1.5kmでギアチェンジでキロ5分にアップ。
気持ちよく走れてたので、そのままペースアップ。

ゴールがわかった時点で、ラストスパート。
この時間帯にしては、大人げないラストスパートでした。

タイムは、58分3秒くらい。

まぁ、1時間切れたからよしとしましょう。

その後は、タコチューさん、ハーフのはるぽんさんやおっちゃんさんを応援してから、KMSのみなさんと、お花見。
タケダさんにも初めて会いました。

翌日はさすがに筋肉痛。
キロ6分の10kmでも筋肉痛になるんですな。

疲れたけど、ひさびさに走れて楽しかったです。

| | Comments (0)

神戸ラブラン駅伝(2/14)

去年一番緊張したレースが、このラブラン駅伝でした。
チームKMSの4人でひとり6km前後を走るわけですが、去年はアンカー。
今年は、無理をいって順番を逆にしてもらいました。
つまり、花の一区です。

去年よりも遅いのは最初からわかっていたので、なんとか走れるようにしようと、3週間前から作戦を練ります。
3週間前には、武庫川で10kmをぼろぼろでも完走します。
2週間前には、神戸シティマラソンで10kmを走り、52分くらい。
そして、一週間前には、丸亀ハーフをなんとか完走。

自分なりには、キロ5分では走れる計画できてたつもりでした。

丸亀ハーフを走った直後にまさかの落とし穴。
インフルエンザにかかってしまいました。
月曜から水曜まで熱が出てて、寝たきり状態。
木曜は、少し回復しますが、歩くのがやっとの状態。

金曜に、少しあせって、3kmほど走ってみました。
ふらついて、全然走れず。
翌日の土曜日(駅伝前日)は、筋肉痛。
それでも3kmほどまた走ってみます。
少しずつ回復してはきてるもののまだまだです。

意外と寝たきりというのは、体力落ちてます。
でも、食欲はそのままだったので、太っただけでした(笑)

日曜の当日は、第一走者ということで、寒い中並びます。
直前にトイレに行ったはずなのに、緊張と寒さで、トイレにいきたくてうずうず。
でも、スタートが近いので、行けずじまいでした。

スタート位置は、なるべく前のほうへ行きました。
無謀です。

女性陣が右側にいたので、左側に行きます。
そして、スタート。

第1区はみんなよりも少し短くて、5.4kmくらいの距離。

スタート直後は、テンションアップで、周りを抜いて行くほどのダッシュ。
いきなりキロ4分ペースで入りました。

昔はこのペースでもある程度は粘れたのですが、今は見る影も無し。
どんどんペースダウン。
それでも、3km地点くらいまでは、キロ5分以内では粘っていたんですけどね。
海岸線に出てから、さらにペースダウン。
抜かれるほうが多くなってきます。

そして、最後の直線コース。
足にきました。
橋のようなところは少しだけ登り坂になっているのですが、これが走れない。
限界にきてました。

ラスト1kmは、抜かれ放題。
キロ6分オーバーでした。

ラストスパートするつもりだったのに、全然足が残って無くて、ぼろぼろ。

たった5kmちょいなのに、このレース展開はすごいな。

息もたえだえに、なんとかたすきを次ぎのヤップさんに渡します。

タイムは、26分ちょい。
前半の貯金があったので、平均するとだいたいキロ5分くらいでした。

去年の日記を読むと、来年はキロ4分で走るぞとか書いています(笑)

レース直後は、話すのもしんどいくらいの大ダメージ。
ダメージ回復の時間があっただけでも、第一走者で良かったと思ったのでした。

帰りは、KMSのメンバーで、昼飯兼晩飯を食べてから帰りました。

来年は、迷惑にならないくらいの走りをしたいな~

| | Comments (11)

神戸シティマラソン(1/31)

1/30は、神戸シティマラソンの10㎞に参加してきました。

一応一週間前には、武庫川の練習会に参加で10㎞は走ってましたが、その時はボロボロでした。
1月の走行距離はこの2つをあわせた20㎞なんだから、よほど走ってませんが・・・

前日は、サッカーアジア大会で、日本の決勝戦を観戦。
延長にまで入ったので、結局寝たのは午前3時過ぎ。
翌日は7時過ぎに起きたので、寝不足のままレースに向かいます。

2年連続でこの大会は娘も1.2㎞を参加させてたのですが、今回は申し込み忘れ。
寒いし、行くの嫌だということで、さみしく一人で参加です。

六甲ライナーであっという間について、時間は過ぎてたのですが、なんとか受付をすまします。
寒い中、着替えてから、スタート地点へ。
これがまた遠いこと。
震えながら、スタート地点に到着して、KMSのおっちゃんさんとyapさんを発見。
一緒にスタートを待ちます。

自分の目標タイムは1時間切り。
去年は48分くらいで走ってるので、本当は50分は切りたいところですが、練習量と体重から予測するに、無理です。

スタートは、寒さもあって、ある程度無理して走ります。
とはいっても、スタート直後は、混み合っててなかなか走れないんですけどね。

ばらけてきてからは、キロ5分ペースを目指します。
3㎞くらいまでは息も続くのですが、すこしづつペースがきつい。

5㎞地点で、25分30秒くらい。
スタートロスを考えると、ほぼキロ5分ペース。
ぎりぎりなペースです。
前をいく金髪の外人女性が視界に見える範囲で粘ります。
6㎞地点くらいでは、追いついて抜き去ってしまいます。
追いかけるペースメーカーを細めのおねえちゃんに変更(笑)

7㎞地点くらいで、息があがってダウン。
この付近では、逆風になることもあって、あきらかにペースダウン。
給水で、水分補給してるすきに、ペースメーカーのおねえちゃんに離されて、さらに気力もダウン。

視線を下に向けるようになるとだめだとわかっているんだけど、どんどん視線は下におちて、周りに抜かれていきます。
ペースとしては、5分20秒くらいにまで落ちます。

残り1㎞くらいで、当初のペースメーカーの金髪の外人さんに抜かれます。
ここで、気力の復活。
離されないように、ついていきます。

しばらくすると、外人さんがスパート。
きついなーと思いつつ、追いかけます。
ゴール直前、30mくらいでなんとか追いつきますが、それが限界。
最後は、抜かれたままでゴール。

タイムは、51分10秒。

力を使い果たすくらいに走ってのゴールなのに、結局50分は切れないままでした。
でもまぁ、状態から考えるとよかったほうかも。

帰りは、おっちゃんさんとyapさんと昼飯を食べて、反省会(?)をしてから帰りました。

住吉駅から、歩いて帰ったのですが、家についてから、鍵を持ってでていないことに気づきます。
嫁さんに電話すると、凪ちゃんのスイミングの試験に行ってるということで、さらに荷物をもって、スイミングの場所まで歩いていきました。
足が痛いのに、よく歩きましたわ。

予定としては、来週が丸亀ハーフで、その翌週がラブラン駅伝です。
たぶんもう練習なんてしないだろうけど、太らないようにだけしなければ。

| | Comments (0)

« January 2011 | Main | February 2012 »