« November 2011 | Main | November 2012 »

2012.02.22

泉州マラソン(2/20の日記)

2/19は、泉州国際フルマラソンに参加してきました。

6時に起きて、おにぎり3つを無理やり食べます。
栄養剤も飲んでと。
・・・なんか食べなれないものだったのか、胃が痛いけど。

前日と、この日の朝がかなり冷え込んでいて、朝起きると風邪なのか喉が痛かったです。
朝から、風邪薬飲んだりといろいろと大変。

寒いというのと、途中リタイア予定なので、上は長そで。下は長いスパッツを選択。
少し悩んだけど、帽子は、はばたんぬいぐるみ付きにして、ランシャツは、はばたん模様のにしました。

10㎞地点までは給水が無いということだったので、ウェストポーチにはペットボトルと、お金、電車に乗る用のピタパカード、そして地図検索用に携帯電話(スマホ)を入れておきました。

難波駅で南海に乗り換えて、浜寺公園に向かいます。

受付後に、おっちゃんさんとはるぽんさんと会えました。

今回は、制限時間がきびしいため、トイレも早めにすまして、スタート位置につきます。

泉州は、仮装をする人がいなくて、わたしのぷちはばたん仮装はかなり目立っていました。
たぶん、わたしと、もうひとり少しだけかぶりものをしてた人と、二人だけだったかも。
ちょっと、やばさを感じましたが、仮装というほどでもないので、怒られはしないだろうとは思ってましたが。

ロスは30秒ほど。

周りのスピードにあわせるとすぐに走れなくなるので、自分のスピードにおとします。

1㎞地点で、ロスをあわせて6分35秒。
キロ7分以内をキープすれば、関門は大丈夫です。

5㎞地点で、31分43秒。
予定通りに、キロ6分台前半ではいります。

寒い中、沿道の応援も少しづつ増えてきます。
フルとしては、ほぼ初めて長そでで走りましたが、ちょうどいい感じです。
もっと走れる場合は、昼頃は気温も上がってきたので、半袖もありかな。

10㎞地点で、1時間2分。
10.7kmの関門は、さすがに余裕で通過してしまいました。

沿道からは、ひよこ~との応援が多かったです。

15㎞地点くらいで、1時間35分。
さすがにキロ6分前半はキープできなくなってきて、6分半くらいになります。

16.6kmの第二関門も、通過。

20㎞地点で、2時間8分。
ハーフで、2時間16分くらいでした。
予定よりもずいぶんはやいです。

この付近になると、少しランナーもまばらになってきます。

地元のテレビ局(?)が、バイクにカメラをつんで、走ってる人にインタビューとかしていました。

やばいな・・と思いましたが、地味ながらも目立つかっこになっていたわたし。
インタビューにつかまってしまいました。

なんの衣装なのですか?という質問に、
兵庫県のマスコットキャラのはばたんです。
沿道からは、ひよことしか言われませんが・・・
とか、答えてしまいました。
ということは、兵庫県からこられたのですね?と質問されて、
普通に、神戸からきましたと答えてしまいました。

息もたえだえに答えてたくらいだったので、もう勘弁してくださいと思いつつ、なんとかきりぬけました。

インタビューのせいというわけではないのですが、その後23㎞地点くらいでいきなり大ブレーキ。
腰が痛いです。

腹筋、背筋が、フルを走れるレベルになってないんでしょうね。
キロ6分台だったのが、いきなり8分台にまで落ちます。

まともに走るという点では、ここでレース終了です。

腰をかばいながら、なんとか走ります。
23.9㎞の第三関門は、なんとか通過できました。
25㎞地点で2時間47分。

ここまで来たら、30㎞以上走って、自力でゴール地点に帰るしかありません。
完走は、もう無理とわかってました。

28.9㎞地点の第四関門は、制限の3分前に通過。
よくここまで関門につかまらずに走れたものだと、自分で感心します。

ペースは、キロ9分台に落ちていました。
走っているけど、歩いているのとペースが変わらないレベルです。

泉佐野の付近で、折り返しがあります。

もう次の関門に間に合わないのは確定なので、折り返しはやめてショートカットしたかったのですが、周りはこつこつ走って(歩いて)いるので、こつこつと走ります。

30㎞地点で、3時間32分。
結構、若い女の子にうけがよくて、はばたんTシャツをかわいいと言ってくれるのがうれしかったです。

ゴールがどこなのか、さっぱりわからなくなりながらもコースを走ります。

第五関門となる、34.3㎞地点まであと2㎞の看板がありました。
残り・・・9分。
せめて14分くらいあれば、フルダッシュしても良かったのですが、2㎞を9分はさすがに無理です。

後を振り向いても、収容バスがいるわけでもなく。
どうやってリタイアしたらいいのかわからないまま、こつこつ進みます。

沿道の人は、あと少しで橋になるよとか言ってくれますが、橋を往復する気はさらさら無しです。

橋への登り口で、関門まであと2分なので、リタイアの人はゼッケンを外してくださいと、係員の人がようやく言ってくれました。

どれだけその言葉を待ってたことか(笑)

そう言われても橋を登ろうとしていた強者もいましたが・・・

ゼッケンを渡してから、「橋を折り返してゴールへ向かう人たち」と一緒にゴールへ向かいます。
こっちは、沿道を歩いてですけどね。

ゴール地点までは結局2㎞ほどそこから歩きました。
35㎞くらいを、4時間半で走ってゴールといったところです。
42㎞をこのまま走ったとすれば、やはり6時間ちょいくらいかかったと思われます。
ラストスパートするタイミングが無かったのは少しさみしかったかも。

正面からは入れないので、裏から入って、タオルをもらいました。
疲れ切っているけれども、最後は歩いて帰ってきたので、心肺機能は回復。

豚汁に並ぶ余裕もなく、荷物を受け取ります。

この時点で、午後4時前くらい。
へきるライブの開演はなんばHatchで4時半なので、着替える余裕も無く、はばたんTシャツを脱いで、上に防寒具を着たまま、電車に向かいます。

よく考えると、昼飯も食べてないし、途中の給食的なものも皆無だったので腹はへっていたはずなんですが。

はたして、へきるライブに間に合ったのか!?
は、次の日記にて。

急な出場で、正直20㎞さえも走れるかどうか不安だったのですが、なんとか30㎞以上走ることはできました。
制限時間が5時間にのびたのだから、完走くらいはしないとだめなんですけどね。

収容バスとの追いかけっこができなかったのは残念だし、関門の恐怖を味わうこともできてないので、来年はもう少し走れるようになって、出場してみたいな。

| | Comments (6)

ラブラン駅伝(2/13の日記)

2/12は、ポートアイランドでの神戸ラブランの駅伝部門に行ってきました。
メンバーは、いつものKMSチーム。

今回は、1区おっちゃんさん、2区わたし、3区yapさん、4区はるぽんさんです。

計画としては、これの2週間前に六甲シティで10㎞を走って、肩慣らしをして。
次の週は丸亀ハーフ。
・・・の予定でしたが、丸亀は結局参加しないまま終了。

ここで少しは走力つけるつもりだったのに、計画倒れ。

さらに風邪で体調不良のまま。
でも、前日の土曜日は少しくらいは走っておかねばと、子供の自転車について、走ってみました。

3㎞くらいの距離なので、たいしたことはないはずなのですが、下の子が車輪を無しで走れるようになってから、一緒に走るスピードもUP。
ついていけない時も(笑)

で、やはり全然走れないことを思い知らされます。
その夜は何故か寒気がして、しばしダウン。
微熱でした。

翌朝も少し微熱。
でも元気にはなってたのは、なんとかなるかなと。

受付はおっちゃんさんにまかせっきりで、家を出たのが11時半くらい。
会場には12時過ぎに到着です。

どうやら、2区担当のようです。

寒いと思って、上下長そで長スパッツとしましたが、結構暑かったです。

いつものように、スタート前のチアガールさん達を拝見してから、1区のおっちゃんさんのスタートを見送ります。

その後、準備して、待機位置にて待ちます。

トップはとんでもなく早くてぴっくり。
5㎞なのに15分くらいでした。
おっちゃんさんも、めちゃめちゃはやく到着。

あっという間にタスキ交代。

たぶん50位以内くらいのレベルなので、周りは速かったです。

スタート直後は、おっちゃんさんのラスト速度そのままに飛び出したら、死ぬかと思いました。
公園内は、応援も多くて、ついオーバースピード。
実力的には、キロ5分後半くらいでないと走れないはずなのに。

公園を出る頃に、はやくも走力がつきました(笑)
どんどん抜かれていきます。

足がもつれるくらいに重くなって、たった6㎞の距離の駅伝のはずなのに、完走できるのかとびびるレベル。

海岸線を走ると、逆風でさらにペースダウン。
息もあがってしまって、ボロボロ。

まだ3㎞くらいなので、あと半分あります。
泣きたいよ。

もう抜かれるがままで、情けなくなりながらも、なんとか陸橋の上へ登っていきます。
足がぱんぱんで、歩いているのと変わらない速度かも。

そこからは、ストレートなのですが、結構アップダウンがあって、しんどいです。

ラスト1㎞でも、体力は回復せず、しんどいまま。

ようやくゴールが見えたくらいで、メンバーの人の応援が見えました。

最後くらいはと、ラストスパート。

3区のyapさんにタスキ交代~
と、思ってたら、見当たらずに少しうろうろ。
少しロスして、交代。

タイムは35分くらいと、過去ワースト。
キロ6分くらいかかったことになります。
六甲シティ10kmの時のほうが、走れた感じです。

yapさんは、少し体重落としたのもあって、まじ走りで、4区ラストのはるぽんさんへ。
今回、タイムは、さすがにyapさんに負けてしまいました。
はるぽんさん力走で、ゴール。

皆さん、お疲れ様でした~
毎度ながら、足ひっぱってしまいました(汗)

意外と面白かったのが、3区のどべのチーム。
4区のランナーが、繰り上げスタートするかどうかの瀬戸際で、係員も迷ってる時になんとか、3区のランナーが帰ってきて、みんなで拍手でした。

その後、おっちゃんさんはそのままスーツで東京へ仕事に。
はるぽんさんは、ロードレーサーで帰っていきました。
元気だな~

yapさんとわたしは、電車で帰りました。

来週は、何故か泉州マラソンです。

10.8km地点の第一関門が、1時間10分です。
スタートロスが5分くらいと考えると、キロ6分以内でなければひっかかります。

無理かもしれない(汗)

ちなみに、第二関門は、最初からあきらめてます。

走り終わると、そのままなんばで、へきるさんコンサートなので、倒れるかも・・・
(まかり間違えて、最後まで走ってしまうと、コンサート間に合わないです)

| | Comments (1)

今のせいいっぱいの神戸シティマラソン(1/31の日記)

1月29日は、六甲アイランドでの六甲シティマラソン(旧神戸シティマラソン)10㎞に出場してきました。

その一週間前には、武庫川の記録会に参加して、10㎞のつもりが5㎞でリタイアしてやめたという、情けない状態。

今回は、まさか10㎞でリタイアなんかできるわけないし。
普段なら気軽な10㎞がこんなに重い気持ちになるとは(笑)

事前情報で、いつものライバルやっぷさんは不参加と聞いていました。
今年はさすがに勝てないとは思いつつも、さらに走る気も低下。

家からはかなり近いので、いつもなら家族が来てくれるのですが、長女凪ちゃんがスイミングの検定と重なってしまったので、ひとりで行くことに。

10㎞のスタートは、11時半からで、集合は11時。
家は10時過ぎに出発。
現地到着は10時半すぎです。

受付をすませて着替えていると、集合時間が近づいてきます。

荷物を預けるのも面倒なので、財布と携帯は持って走ることに。

走れないし寒いので、長そでにKMSのTシャツを着ました。
下はロングのスパッツ。
一応、インテルの長そでユニフォーム上下だったんですけどね。

集合位置まで、結構必死に走って行きました。
おっちゃんさんに会えるとしたら、集合場所のみだろうしとのもありました。

なんとか、会えてはなしができたのでよかったです。

さて、スタート位置はなぜか年齢別に縦割り。
スタートは混雑しまくりなので、外側に行きたかったのですが、完走目的なのであまり意味は無し。

スタートして、おっちゃんさんとあっというまに別れてから、しばらくはのんびりペースで進みます。

いや、もうこの超スローペースのままでいいやと思ってたのですが、ばらけるにつれて少しペースアップ。

息がきれてきたかなというところで、ようやく3㎞表示
17分半くらい。
キロ6分弱くらいのペースです。

5㎞地点では、まだ半分かいなとあせります。

ペース的には5分半くらいでずーっと走ってたので、久しぶりに運動している感がありました(おぃ)

7㎞くらいで、一旦しんどくなります。
まぁ、これはどんな距離でも、7割くらいでこんな感じです。

追いかけていた外人さん集団に少し離されていきました。

残り2㎞表示で、ようやく気持ちが復活。
でも、ペースアップできるほどは、体力がありません。

目標の1時間は切れるけど、55分を切るのは難しいくらいのレベル。
残りを5分ペースでぎりぎりくらいかな。

残り1㎞で、外人さん集団に追いついて、抜いていきます。

新たな目標は青い服のおねえさん(笑)

最終カーブ前になんとか追いついて、ゴール地点が見えたところでラストスパート。

それまでが結構まじめに走ってたので、ラストスパートも迫力不足。

失速寸前でなんとかゴール。

タイムは55分40秒。
55分は切れなくて残念。

こんな遅いタイムなのに、倒れるくらいにしんどかったです。

帰りに、昼飯を食べてから、凪ちゃんのスイミングへそのまま向かいます。
住吉駅で乗り換えて、本山へ。
そこからしんどいのに歩いて、スイミングスクールへ行きました。
結果は、合格でなんとか進級できたようです。

一週間後は、丸亀ハーフ予定でしたが、いろいろあって、行けないことに。

二週間後の駅伝に向けて、あまり足をひっぱらないように、少しは今週末走っておかないとまずいです。

| | Comments (8)

« November 2011 | Main | November 2012 »