« 芦屋マラソン(4月8日のお話) | Main | いろいろあります神戸マラソン »

2012.11.28

サッカーと、もみじハーフ(11月6日の日記)

11/3に、シニアサッカーに参加。
前回見学してから一か月。
自分なりに少しは体を鍛えてきたつもりだったのですが・・・
その週は風邪でボロボロ。
いけるかなと思ってたけど、思ったように体は動きませんでした。

人が少なかったのか、ユニフォームを借りて、スタートから参加。
右バック。
サッカーのフィールドに立つなんて、高校時代以来なので、何年ぶりなことやら。

緊張しまくりだし、バックなんてしたことないので、位置取りがさっぱりわからない。
センターに指示されるがままに動きますが、自分で何をしてるのかよくわからない状態。

一度裏をとられた時に全速力。
左足ふとももの裏を少しやってしまいました。

その後、交代。
デビューは15分くらいで終了。
何もしていないのに、喉はからから。


後半とか、息がととのってきても、足が痛くてもう出場する気は無くなってしまいました。

帰ってから、どんどん左足が痛くなってきます。
動いていないと大丈夫なのですが、歩くと痛くて、びっこひくレベル。
ハムストリングと呼ばれるところの軽い肉離れです。

もみじハーフはさすがに無理かなと思いながら、アイスノンで冷やしながら寝ました。

朝は5時起き。
左足は、歩くのは大丈夫なレベルには回復。

制限時間3時間半なので、歩いていけるところまでいってみようかなと、一応走る準備。

6時半にKMSメンバーと集合して、車で篠山へ。

8時頃には到着だったのですが、スタート位置の駐車場は満杯でバスで移動する駐車場へ。

朝飯を食べてきたにもかかわらず、出店があったのでそばとぜんざいを食べました。

今回のメインは、誕生日でもあるタコチューさんが初めてハーフ完走できるかどうかです。

スタート直前、タコチューさんは何故か?アップをしていましたが、わたしは動くのもしんどいので、そのまま。

スタート直後、ゆっくり走り始めてから気付きます。
走れないぞ、これ(笑)

どんどん周りに抜かれていって、500m地点くらいで最終ランナーにも抜かれて、最後尾に。

人生初体験(笑)

スピードを上げようとすると、故障している左足ふくろはぎ裏が、ぴくぴくして無理です。
キロ9分が出せる最高速度。
まぁ、最初からそんな速度で走る人はいないわな。

うしろに、最後尾の旗をつけたバイク(カブ?)がついてきます。
ゆっくり走るため、ふかしながらになって、結構うるさい。
早くリタイアさせるための心理作戦か???

途中からは、スタート時刻の遅い10kmの人や5㎞の人がどんどん抜いていきます。
これ、10kmや5kmの人達がいなくて、バイクと二人きりだったら、確かに耐えれないかも・・・

2km地点くらいでようやくひとりを抜いて、最後尾では無くなりました。
これで、うるさい最後尾バイクともおさらばです。

3km地点くらいで、駐車場に戻ってきて、トイレを発見。
思わず入ってしまって、タイムロス。

トイレから出ると、最後尾に逆戻り。
やっぱ、バイクうるさい~

4㎞付近でようやく最後尾を脱出。
速度はキロ9分をずーっとキープ。
というか、それ以外の速度が出せません。

しばらくいくと、遠くにヤップさんとタコチューさんを発見。
あれ?ずいぶ先にいってたはずなのに?

この付近から、右足の内側が靴擦れで痛くなってきました。
実は、朝どたばたしていて、レース用のシューズを間違えて、普段履きにしていたほうをはいてしまってました。
このシューズ、右足内側がすぐに水ぶくれになるので、レース用としてはあきらめたやつです。
失敗したな~とは思いつつ、どうしようもないので、フォームはくずさないように走ります。

しばらくすると、応援にきてたはるぽんさんに遭遇。
タコチューさんらは、すぐ前とのこと。

8㎞くらいで、何人か抜いた後、ヤップさんとタコチューさんに合流。
しばらくは一緒に走りました。

しかし、こんな最後尾付近で目立つKMSユニフォームが3人集まって走るのは、なんともいえませんな。
応援で目立ってたはるぽんさんも含めて、この大会でKMSは目立ちまくりだったかも。(運営者にとってですが)

折り返しが見えてきた付近で、タコチューさんが足がつったとのことでペースダウン。
同じペースでしか走れないわたしは、少し先に行きます。
折り返し地点で、1時間35分くらい。

折り返してから少しして、後ろから女の人が急に追いついてきました。
話をきくと、最後尾で足切りになりそうだったので、ちょっとペースを上げたとのこと。

いろいろと聞いてみると、これが初めてのマラソンで、次は神戸マラソンらしい。
・・・なかなか無謀な女性だ。

この大会は、3時間半が制限時間だから、いまのペースで間に合うよという話をすると、3時間ですよと言われました。
ん?

しばらくして、大会関係者人から、「この時間では、制限時間内のゴールは無理なので、救護車がきたら、素直に乗ってください」と言われました。

え?

制限時間3時間半だと思ってたのは、大間違いでした。
かなりびっくり。

足切りは嫌なので、ここからいきなりスピードアップ。
キロ7分まであげました。
すぐにもたずに、キロ8分くらいになりましたが・・・

12㎞付近で、スタート直後しばらく一緒に走っていたおばさんに追いつきました。
制限時間を確認すると、やはり3時間とのこと。
もう間に合わないですよね、次の関門でやめさせられるのでしょうか?と言われましたが、関門は無いのでバスに乗るように言われるまでは、がんばってくださいと言っておきました。

ここからは、しばらく孤独な一人旅。
後は全く誰も見えなくなったし、前をいく人はほとんど歩いているので、たまに抜いてといった感じです。

残り4㎞くらいで、2時間31分くらい。
運営関係者が集合していたので、とうとう関門か?と思って聞いてみると、走っていいとのことでした。
たぶん、直前の道の駅くらいで止められるでしょうとの話。

残りを計算すると、キロ7分くらいであればなんとか制限時間内のゴールができるはず。
まぁ、無理ということなんですけどね。


道の駅のところで、はるぽんさんとおっちゃんさんが応援にきてくれてました。
おっちゃんさんは、足が痛いのに2時間内ではちゃんとゴールした模様。

残り2㎞で、制限時間まであと5分。
ここで、救護車に乗ってくださいと言われました。
5分で2㎞走りますからという話もあったのですが、すぐにあきらめました。

車に乗ろうとしていたのですが、話を聞いていると歩道に上がるのであれば、ゴールまで歩いてもよいとのことだったので、チップだけここで渡して、あとは歩いて帰ることに。

一度気持ちが切れたので、走ることはできずあとはこつこつと2㎞を歩きました。
途中、すれ違うひとが、あと少しがんばれと言ってくれました。
完走できてないのに、すいません~

ゴール地点は、片付けの途中。
なんとか、ゴール。
タイムは、3時間19分。
最初に思っていた制限時間内ではなんとかゴール。
ハーフでは、ワースト記録だけど、こんなタイムでゴールさせてくれる大会はたぶん無いだろうな(笑)

かなり後ろにいたタコチューさんとヤップさんは、途中でリタイアしただろうなと思ってたら、救護車への収容を断って、こつこつ歩いて帰ってきました。
初のハーフ完走となるタコチューさんも、なんとか4時間を切って感動のゴール。
折り返し地点の姿を見てた限りは、ゴールまで無理かなと思ってましたが、さすがです。

来週は、西宮の10km。
3週間後には、今年最大の目標となる神戸マラソンフルがあります。

足を治して、とにかく痩せよう。
この体重では、サッカーもマラソンも話にならないと痛感した土日でした。

|

« 芦屋マラソン(4月8日のお話) | Main | いろいろあります神戸マラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 芦屋マラソン(4月8日のお話) | Main | いろいろあります神戸マラソン »