« April 2013 | Main

2014.02.17

2014年2月16日 泉州フルマラソン参加

昨日の2/16は、大阪泉州であるフルマラソンに参加してきました。

2年前に走った時は、33kmくらいでリタイア。
その後、へきるさんライブに行ったという自分の中では伝説の日でした(笑)

今年は、2年前よりもずいぶん太ったし、走力も無いしで、完走は最初から論外。
最初の関門の10.7km通過を目標にします。

まぁ、直近半年間で一番走ったのが、ラブラン駅伝の6kmというレベルなもので。

持論として、事前に走った長い距離の倍くらいまではなんとか走れるけど、それ以上は本番では無理と思ってます。

なので、フルに参加して完走するには2ヶ月以内くらいにハーフくらいの距離を一度走っておかないと、無理なのです。

さて、泉州マラソンの制限時間は5時間。
いつもなんとか完走していた7時間よりもはるかに短いです。
それでも昔は制限時間4時間半だったので、ましなんですけどね。

途中関門はこんな感じ。(5番目もあります)
1:10.7kmで1時間20分以内
2:16.6kmで2時間以内
3:23.9kmで2時間50分以内
4:28.9kmで3時間25分以内

当日は、朝いつものように、おにぎりを食べてと。
2個食べたのですが、ちゃんと3個食べておけばよかったかも。

ウェストポーチを探すのですが、いつものが、中に入れてた飴などでどろどろだったので、今回は別のものを持つことに。
そのため、水分は持って走れないことになってしまいました。

寒いし、棄権後電車で帰るためのピタパと、バスだと長時間になるのでスマホで遊べるようにとか、いろいろと違う方面の準備もしてと。

足にはテープをいろいろと貼って、フルの時だけはく5本指のソックスにしました。
一応仮装禁止なので、はばたんのぬいぐるみをつけたキャップだけにしておきます。

会場へは、1時間半くらいで到着。
おっちゃんさんと合流して、荷物を預けて、トイレに行ってから並びました。

号砲からスタート位置までは2分くらい。
ゆっくりと走りはじめます。

最初は、周りについていって、キロ6分弱くらいではいります。
落ち着いてくると、6分ちょいくらい。

5kmくらいでばてるんじゃないかと心配してましたが、なんとか10kmくらいまではペースを維持できました。

10km地点でのタイムは62分。
だいたい、キロ6分で走れています。
2年前の日記をみると、10km地点ではほとんど同じタイムでした。

帽子の上のはばたんは、結構人気で、はばたんだーと、応援をもらえました。

10.7kmの関門は、余裕で通過。
次の16.6kmまで走れれば、十分かなと。

キロ6分半くらいまで落ちましたが、なんとか粘って16.6kmの関門を通過。
関門の20分くらい前での通過でした。

ここら付近が実力的に限界だったのか、ペースはどんどん落ちてきます。

驚いたのが、この付近で腹が減ったこと。
ウェストポーチをつけていたのですが、給食のことは考えておらず、食べ物の持参は無し。
というか、意味無し。

沿道でたまにもらえるチョコが命綱。
みなさん、ありがとうございました。
すごく感謝です。

ハーフの通過で2時間20分くらい。
直近のハーフでは一番はやいかも。

さすがに限界です。
キロ7分弱だったのが、一気に8分オーバーまで落ちました。
給水所では、しばらく歩いて、休憩。

次の関門が23.9km地点。
あまり計算せずにう走ってたのですが、間に合うのかどうか不安になってきます。

関門まで残り2kmと言われた時に時計をみると、残り20分。
キロ10分で間に合う計算です。
この頃のペースでは、歩いたらアウトかなといった感じ。

もうそろそろかなと思ってると、あと三分という声が前方から聞こえてきます。
あと、3分はいいけど、どこに関門あるんだよと思いながら、すすみます。
ここだけ、少しペースアップ。

なんとか関門通過。
残り2分くらいでした。

体力つきて、しばらく歩きました。
後ろのほうから、後1分、後30秒と、聞こえてきます。

後ろ向きで関門にかかる人達を眺めながらあるいてました。


そして、関門の後方に「やつ」が現れました。

・・・収容バスです(笑)

こわっ!!

収容車を先頭に、バスが連なってくる姿は、なかなかびびります。

後方の、関門を通過できた人達も、それをみて諦めてバスに乗り込んだりしています。

頼むから、歩いてプレッシャーに負けずに、関門バスを止めておいてくれる勇者はいないのか!?
と、他力本願で思ってました。

さて、そんな収容バスにびびっている頃に、ふと真横に、テレビカメラを持ったバイクがやってきました。
綺麗なおねえさんが、マイクをこちらに向けています。

これは・・・・2年前にも経験した、ケーブルテレビのインタビューだ(汗)

まぁ、2年前とほぼ同じことを聞かれて、ほぼ同じことを返答(笑)
頭のぬいぐるみが、兵庫県のマスコットであるはばたんであることもちゃんと説明。
兵庫県民としては、当然の義務をはたしてと。

で、最後におねえさんから、完走めざしてがんばってください~と言われました。
いやいや、さすがにこの状況(10m後方に収容バス)で、完走はありえないでしょう~!
思わず、つっこんでしまいましたよ。

さて、すぐに後方の人達がどんどんリタイアしていって、とうとう自分が最終ランナーになりました。

これはやばい!!

沿道の応援も、実は逃げろー的な感じに。

まさか、こんなバトルが終盤に隠されていたとは。

ペースアップして、前の人達を抜いて、なんとか最終ランナーになるのを避けます。
でも、その人達は、すぐに諦めて、リタイア。

だめだ、このままでは、自分もプレッシャーに負けるかも。

沿道のスタッフからは、
「どっか痛いところないでか、怪我したんじゃないですか、バスありますよ」
などと、悪魔のようなリタイアの誘惑(笑)

こんな感じで3kmくらいなんとかしのぎます。

27kmを通過したくらいで、これなら次の28.9kmの関門は通過できないにしてもそこまではたどり着けるかもと、希望を持ってしまいます。

しかし・・・関門通過は、次の関門まで走れるという意味ではないことに気づきます。

28kmが近づいて、あと関門まで1kmくらいかというところで、無情の通達。
「関門時間が過ぎたので終了です、バスに乗ってください」

そっか、時間が過ぎた時点で終わりなんだ(汗)
せっかく関門が見えたらラストスパートと思ってたのに・・・

ちなみに、29kmくらいまで行くと、ゴールまでショートカットで近い地点になります。
なので、バスを無視して沿道を歩いて行こうかとも思ったのですが、バスとの鬼ごっこの4kmでうけたダメージは大きかったようで、気持ちが切れた時点で限界でした。

バスに乗ってから、関門がすぐだったことに気づきます。

あと、体の限界さがおそってきて、せまいバスなのに、いろんなところがつって大変。
特に、左胸付近の筋肉がつってしまって、うずくまってると、心臓発作かと思われてしまいました。

ゴール地点に到着したのは、スタートから3時間40分くらいの頃。
さすがに人が少ないので豚汁をたべることができました。

電車でこつこつ家に帰りましたが、途中ぐったり。

家についてからは、ばたんきゅー

当日の筋肉痛として、ウルトラを走った時に匹敵するくらいにきてました。
やっぱり限界越えてたんですな。

体重90kgを越えた状態でのフルは、さすがに無謀だと思い知らされました。
これで、10年以上続いていた年1回はフル完走も記録は途絶えましたが、まだ挑戦できてるので、よしとしましょう。
関門バスも初めて乗ってしまったし。

来年こそは完走してやる~!!


| | Comments (6)

2014年2月9日 バレンタインラブランの駅伝参加

2/9は、5年連続で出場しているポートアイランドでのバレンタインラブランの駅伝部門に出場してきました。

チームはいつものKMSのメンバー。

去年の夏以降、シニアサッカーがなくなったこともあって、ほとんど走ることは無くなってしまってました。
で、たまにフットサルにいくくらいの運動だけ。

さすがに、年末年始は太りすぎで、一時期85kgをきってた体重もまた90kg台に戻ってきた始末。

しかし、駅伝だけはチームプレイなので、なんとか6kmくらいは走れるとろこまで回復させなければなりません。

1月末くらいから、休日にヤップさんとたまに走るように。
ひさびさに住吉川を一周した時は、しんどくて倒れるかと思いました。
たった5kmなのに・・・

あと、フットサルも積極的に参加。

そして、駅伝当日。

1区はヤップさん、2区がわたしで、3区がおっちゃんさん、ラストがはるぽんさんです。

昔は駅伝というと、待ち時間で緊張していたのですが、さすがに5回目だし、記録狙えないのがわかってるので、あまり緊張せず。

スパッツの上にはくパンツを忘れてしまって、結局スパッツのまま走ることになってしまいました。
あと、足に靴連れ防止のテープをいつもはってるのですが、ひさびさすぎてそんなことは忘れてました。
走り終わった後に、やっぱりまめができてましたが・・・

直前に買った、オムロンのリアルタイムで心拍数が測定できる腕時計をつけて走ります。
ちなみに、練習では、この腕時計で最大152くらいまでしか上がりませんでした。

さて、予想外に早い時間にヤップさんが帰ってきました。
意外と本気だなと。
たすきを受け取って、笑顔でスタート。

公園内は、おさえようとは思いながらも、やっぱり飛ばしてしまいます。
公園を抜けてから、息を整えて、なんとかキロ6分くらいに戻します。

最初順調に気持ちよく走れてたのですが、やはり海岸沿いは逆風で、スピードが上がりません。
とあるおねえさんの後ろをストーカーしながら、なんとかすすみます。

歩道橋を上がっていくころには、かなりばてばて。
でも、ペースを守っていただけ、いつもよりはましだったかも。

長い直線コースも、なんとか力をためて、ラストスパートを待ちます。

で、ようやくゴールが見えてきたところでラストスパート。

アンカーだと気持ちよくゴールまで走れるのですが、途中は折り返してからたすきの交換となるので、あまりラストスパートできる範囲がありません。
もう少し前からスパートをかければ良かったと、少し失敗。

時間的には、キロ6分内くらいでは走れたようなので、今の状態としてはがんばったかなと。

リアルタイムの心拍計は、途中から220くらいの数値で、正しいのやら間違ってるのやら不明な感じ。
いきなり心拍をあげるような場合は、測定が難しいのかも。

終わった後は、メンバー+1で三宮で反省会と称して飲んで帰りました。

さて、次の週は泉州のフルマラソンです。
無謀すぎだ。


| | Comments (6)

2013年9月21日グリーンピア三木ハーフマラソン参加

グリーンピア三木で行われるハーフマラソンに参加してきました。
行くのを嫌がる家族を説得して(笑)朝は、5時半起き。
6時半に家を出ます。

車のナビが古くて、道を間違えながら到着したのが7時40分くらい。
受付は7時半までだったので、あわててゼッケンをもらって、スタート地点へ向かいました。
受付からスタート地点も結構遠かったです。

グリーンピア三木は、3回ほどトライアスロンできたことがあって、今回はその時のバイクコースとランコースとかを走るコースとなっていました。

一周8㎞くらいを2.3周する感じです。

9月は、ほとんど走れないままで、これではまずいと思った一週間前にヤップさんを誘って住吉川に走りに行ったのですが、暑くて一周(5㎞)すらも走れずに歩いたという状態です。
走れないので、スイムは週2,3回行って、体だけは動かしておきましたが・・・

10㎞くらいならなんとか走れそうだけど、20㎞は無理だな~といった感じでしたが、とりあえずスタート。

スタート直後から絶不調。
心臓痛い~
全然走れません。
ペース的にはキロ7分半くらい。
後のほうからのスタートで、のんびりなのですが、これでもいっぱいいっぱいでした。

心臓が慣れてくると、次は胃が痛かったです。
スタートが8時からと早いため、朝飯が消化しきれずかな。

3km付近の駐車場への坂道で、すぐにあきらめて歩きます。
勾配のある登りなのですが、昔は、大会に出た限りは歩いてはだめだと思ってたはずなのですが・・・

坂道を過ぎると、トラの時のバイクコースに行きます。
この付近から、日差しが強くなってきて、暑さも邪魔してきます。
途中のトンネルがひんやりとしてて気持ちよかった~
なんと、まだ1周目なのに、先頭のランナー(2周目)に抜かれます。
どんだけ差があるんだよ。

そうこうして、ようやく1周目終了。
まだ半分も来てないかとおもうと、気が遠くなります。

不思議なもので、フルの時はハーフ地点までは普通にたどり着けるのですが、ハーフだと10㎞までしか走れないです。

まぁ、この時期にフルはありえないですけどね。

遊具で遊んでた家族の応援も受けます。
遅いと言われますが、これがせいいっぱいなのです。

2周目は、ばててきて、キロ8分をオーバーしていきます。
坂道では、10分くらいまで落ちます。

周囲のランナーもまばらにはなってきますが、同じくらいのペースの女性ランナーが前後にいてくれてたので、なんとか歩かずにペースを保てました。

2周が終わったところで、走るのは終了。
あとは歩きます。

制限時間は、特に無いのですがだいたい3時間くらい。
なので、目標は3時間内だったのですが、どうやら無理っぽいことがわかってきました。
女性ランナーに抜かれて、200mくらいの差のまま歩いて追いかけます。
そして、最後の駐車場への坂道で、女性ランナーが歩いているところを、なんとか奮起して走って追いつきます。

追い抜いてから、ラスト100mだけダッシュ。

ゴール地点では、女性アナウンサーがゴールした人を実況中継中。
この時間帯のラストスパートは珍しいので、応援もされてしまって、めっちゃ恥ずかしかったです。

ゴールタイムは、3時間4分。
足を故障していた去年のもみじハーフよりはましですが、ある意味自己ワーストです。

ゴール後は、家族でバイキングを食べる予定でしたが、数年前トラの時にやっていたバイキングはなくなってて、普通のレストランで食べました。

その後、巨大迷路に下の子と一緒に入って、足が痛いのに歩き回って疲れました。
でも、この迷路はなかなか楽しかったので、おすすめかも。


さて、東京マラソンにも落ちて、今シーズンのフルは来年の泉州のみになりそうな感じです。
でも、泉州フルの制限時間である5時間での完走は、絶望的。

今回のハーフは、この泉州完走に向けた第1弾だったのですが、そういう意味では見事に玉砕。
最近、ハーフは3時間以上かかってるし、フルは6時間半くらいかかってることになります。
ランナーとしては、最底辺だな(汗)


少しは、走っておかないと。

と、いいながら、走らずに終わりそうな予感~

| | Comments (263)

« April 2013 | Main